前へ
次へ

高血圧を放っておくと死に繋がる病気も

高血圧の状態が続いていると、動脈が硬くなる動脈硬化になり、やがて能や心臓に危険な病気を引き起こすことになります。
脳の病気では脳出血があり、硬くなった脳動脈に負荷がかかることで、血管が破裂してしまうものです。
また脳梗塞があり、動脈硬化から血管の内側が狭くなってしまい、その狭くなった個所に血栓が出来て血液の流れが悪くなってしまう病気です。
また心臓では狭心症と言う病気にかかります。
心臓を周囲にある冠動脈が狭くなってしまい、心臓を動かすための血が来なくなることで、心筋虚血と言う状態に陥ってしまうのです。
更には心筋梗塞を起こします。
これは冠動脈が完全に塞がってしまうもので、血液が流れて来ないことから心筋が壊死することになるのです。
これら脳でも心臓部分でも血管が破裂してしまった時には、死に繋がることにもなってしまう恐ろしい病気と知っておくべきです。
そのため高血圧を放っておくことは、かなり危険なことと覚悟も必要になります。

Page Top