前へ
次へ

高血圧を放っておくと動脈硬化になってしまう

生活習慣病の中でも注意が必要な病気に、高血圧があります。
軽症の場合で最高血圧が140以上となった時や最低血圧が90を越えた場合とされます。
これは安静にした状態で計った時の数値で、走ってすぐなどの場合ではありません。
この高血圧になると血管に余計な負担がかかることになり、血管の内膜に傷が付いてしまったり血管そのものが硬くなってしまった場合に起こることが多くなります。
またこの血管が硬くなった時の症状を動脈硬化と呼び、血管の病気に注意する必要が出て来ます。
しかし問題なのが血管が硬くなった場合でも、痛みを感じることがないのです。
そのため血圧を常時計るようにして、体調の変化を知ることが大事になります。
血圧が140を越えた時には、血管に異常があると考えて良いのです。
この高血圧をそのままにしておくと、動脈硬化が進み脳疾患や心臓にかかわる病気になってしまいます。
食べ物、お酒、たばこなどの普段の生活を考え直す必要と太っている人は痩せる必要が出て来ます。

Page Top